万が一の時のために【WP-DBManager】でデータを自動バックアップ

 

 

 

ブログやサイト運営をしていて、1番怖いのが…データが消えてしまうことです。

 

数行書いた文章が消えてしまう程度であれば、そこまで大きなダメージはありませんが

(とはいえ、「ちっ!」って舌打ちくらいしたくなりますよね^ ^:)

今まで築き上げてきたブログの膨大な量のデータ(記事)が消えてしまったら…

もう立ち直れないレベルです。

 

私は立ち直れません。

傷心の旅に出たいくらいです( ノД`)

 

 

そうならないためにも、日々のバックアップはとっても重要です。

 

今回は、WordPressのデータを自動でバックアップしてくれる心強いプラグイン【WP-DBManager】のインストールから設定方法まで、図解入りでお伝えします。

 

 

【WP-DBManager】の設定手順

このプラグインの設定は少し手間がかかるのですが、その手間を面倒がることで万が一のトラブルの場合に大ダメージを受けてしまうので、ここは腰を据えて設定をしましょう!

 

インストール手順

それでは、まずは【WP-DBManager】をインストールします。

 

ダッシュボードの左メニューにある【プラグイン】にカーソルを合わせます。

右側にボックスが表示されますので、その中から【新規追加】をクリックしてください。

 

 

右上の検索ボックスに【WP-DBManager】と入力します(ENTERキーは押さなくてOKです)。

プラグインが表示されました。

 

 

【今すぐインストール】ボタンをクリックしましょう。

インストールが始まります。

 

 

続いて【有効化】ボタンをクリックします。

 

 

これで【WP-DBManager】が有効化されました。

ダッシュボードの左メニューに【Database】という項目が追加されていますので確認してくださいね。

 

 

日本語化の設定

【Database】にカーソルを合わせると右側にボックスが表示されますが、英語表記ですよね。

やっぱり日本人ですから日本語の方が見やすいと思いますので(笑)、日本語表記に変えましょう。

 

左メニューのプラグインから【インストール済みプラグイン】をクリックしてください。

 

 

【WP-DBManager】の【詳細を表示】をクリックしましょう。

 

 

次に【WordPress.org プラグインページ】をクリックします。

 

 

下のような画面に切り替わったら、【サポート】をクリックしましょう。

 

 

全文英語表記のページに切り替わりました。

でも、心配せずに設定を進めていきましょう^ ^

右側に表示されている【WP-DBManager】をクリックします。

 

 

画面が切り替わったら、下へ画面をスクロールしてくださいね。

 

 

【TRANSLATIONS】という表記の右隣のURLをクリック。

 

 

画面が切り替わると、目がチカチカしそうな一覧が表示されます。

これは様々な言語ファイルになります。

このリストの中から【日本語】の言語ファイルを探しましょう。

 

上から13番目、14番目にある【wp-dbmanager-ja.mo】【wp-dbmanager-ja.po】の2つのファイルをそれぞれダウンロードします。

 

 

先に【wp-dbmanager-ja.mo】からダウンロードしましょう。

ダウンロードボタンをクリックしてください。

 

 

そして【名前を付けて保存】で、ファイルを保存します。

 

同様に【wp-dbmanager-ja.po】もダウンロードして保存します。

 

 

言語ファイルをサーバーにアップロード

言語ファイルを2つともダウンロードできたら、次はその言語ファイルをサーバーにアップロードします。

 

 

FTPソフトを開いてください。

今回はFTPソフト【FFFTP】を例にします。

 

【FFFTP】のインストールや設定などはこちらの記事を参考にしてください。

  1. 無料FTPソフト【FFFTP】のダウンロードとインストール方法
  2. FFFTPをエックスサーバーに設定する手順
  3. FFFTPでエックスサーバーにファイルをアップロードする方法

 

 

【FFFTP】を立ち上げたら【接続】をクリックします。

 

 

アップロード先を指定していきます。

まず、右側のドメイン一覧からアップロード先のドメインを選んでクリックしましょう。

 

 

続いて【public_html】をクリックします。

 

 

そして【wp-content】をクリック。

 

 

【plugins】をクリックしてください。

 

 

【wp-dbmanager】というフォルダがあるので、クリックします。

 

 

【wp-dbmanager】フォルダを開いたら、左側の言語フォルダ2つを『ドラッグ&ドロップ』で右側へ移動してください。

 

 

言語ファイルが右側の【wp-dbmanager】フォルダの中に移動(コピー)しました。

左側にファイルが2つ表示されたままですが、右側にファイルが2つ追加されていればサーバーへのアップロードが成功していますので、安心してくださいね^ ^

 

 

WordPressを「更新」

これでファイルのアップロードが終わりました。

WordPressのダッシュボードに戻りましょう。

 

まだ左メニューの【Database】は英語表記のままです。

キーボードの【F5】を押してみましょう。

【F5】キーでページの【更新】ができます^ ^(便利な機能なので覚えておきましょうね)

 

 

日本語表記に変わりました!

 

 

これで日本語化の設定は終了です。

バックアップの設定へと進みましょう。

 

 

自動バックアップの設定

【WP-DBManager】では、バックアップのタイミングや保存するファイルの数などを事前に設定しておくことができます。

 

バックアップファイル数の設定

先にバックアップするファイルの数を設定しましょう。

 

左メニューの【データベース】から【データベース設定】をクリックしてください。

 

 

データベース設定画面に切り替わりました。

【バックアップ・ファイル数】を設定します。

 

初期設定は「10」になっています。

このファイル数以上の古いファイルは消えてしまいます。

だったら数をできるだけ多く…と思いがちですが、あまり多くしてしまうとサイトが重くなってしまって、ページが開く速度が遅くなったりと読者さんに快適で価値あるブログを提供できません。

なので、初期設定の「10」のままか、少なめの設定にしましょう。

私は「8」にしました。

 

 

バックアップのタイミング(自動定期実行)の設定

続いて、何日に1回バックアップを行うかを設定していきます。

画面を下にスクロールして【自動定期実行】の項目を表示してください。

 

 

【データベース・バックアップの自動実行】という項目を設定します。

何日おきにバックアップを取るか、を設定する項目です。

ブログの更新頻度にもよりますが、ブログ開設初期は記事を頻繁に書き溜めていくようになるので、1日ごとにバックアップするように設定するのが良いかと思います^ ^

 

右隣の【GZIP圧縮】は、データ保存する時に「データサイズを小さくして軽くするか」の設定ですので、【する】を選択しましょう。

ファイル容量は小さければ小さいほどサーバーの負担が軽くなりますので^ ^

 

 

データベース設定

最後に、バックアップ情報を通知するかどうか、その通知先などの設定を行います。

画面を少し下へスクロールしたところに【データーベース設定】という項目があります。

 

 

①に表示されているメールアドレスに、バックアップをした時に通知が届きます。

いちいち通知はなくてもいい、という場合はこのメールアドレスを消しておきます。

 

②と③は、メール通知の際のメール件名や発信者などがどのように表示されるかの設定です。

特にいじらなくてもOKです。

 

 

最後に1番下の【変更を保存】ボタンをクリックして、設定完了です^ ^

 

 

手動でバックアップを取る方法

ここまでの設定で、自動でバックアップを取るようになりました。

 

でも、例えば1日ごとに自動バックアップするように設定した場合、今日のバックアップが終わった後にブログを更新したら、その更新分は翌日のバックアップの時間までは『バックアップされていない』状態です。

 

もし翌日のバックアップの時間までの間に、何かしらのトラブルでデータが消えてしまったら…。

 

ブログ更新前のデータは保存されていますが、ブログ記事はそのまま消えてしまうことになります。

 

そんな危険がないとも限らないので、ブログ更新などの作業が終わったら手動でバックアップを取っておくことをおすすめします。

 

また、プラグインなどの更新やスタイルシートなどHTMLをいじる前に手動でバックアップを取っておくことで、トラブル回避にもなります。

 

私は過去、スタイルシートをいじった時に、画面が真っ白になってしまった経験があります。

function.phpをカスタマイズしてたら画面が真っ白に!!

 

こんなトラブルの時、直近にバックアップが取ってあると、データを復元することができるんです。

本当にいざという時のための安心感、と思って手動バックアップは大切です。

 

では、その手動バックアップの手順を説明しますね。

 

 

ダッシュボードの左メニュー【データベース】から【バックアップ】を選んでクリックしましょう。

 

 

【データベース・バックアップ】の画面に切り替わります。

1番下の【GZIP圧縮】の項目で【する】を選び、【バックアップ】ボタンをクリックしてください。

 

 

画面の1番上に、下のような表示が出ればバックアップ完了です^ ^

 

 

自動・手動でバックアップしたファイルの復元

では最後に、バックアップしたファイルを復元する手順を解説していきます。

もう少しですので、頑張りましょう。

 

ダッシュボードの左メニュー【データベース】から【バックアップの管理】をクリックします。

 

 

【バックアップの管理】画面になります。

一覧からバックアップしたいファイルを選択しましょう。

上から順に新しいバックアップファイルになります。

ファイルを選択したら、下にある【リストア】(復元)ボタンをクリックしてください。

 

 

このようなポップアップウインドウが出ますので、【OK】をクリックします。

 

 

このような表示が出たら、復元完了です。

バックアップをとった時点の状態に戻りました。

 

何かトラブルに見舞われた時には、この方法でファイルを復元しましょう。

 

 

 

バックアップはもしもの時に大切

長い設定でしたが、お疲れさまでした。

 

WordPressでのトラブルはそう多くはありませんが、無いとも言い切れません。

災害時の備えと同じように、トラブルへの備えとして日々のバックアップはとても大切です。

 

アフィリエイトなどネットビジネスを行う上で、ブログは資産です。

たった1回のトラブルでその資産がなくなってしまう可能性もありますので、自動バックアップに加えて手動バックアップもするクセをつけましょう。

 

PS.
  私、姫宮かのんは
  月150時間の残業から逃げるように会社を辞めて
  今はネットビジネスをしながら
  夢を叶えるために動物系の専門学校に通っています。

 クラスメイトのみんなが
  学校帰りに夜遅くまでバイトをしている間
  私は自宅でテレビを見ながらパソコンに向かっています^ ^

  夢を叶えるための資金と時間を手に入れるために
  副業でのネットビジネスの始め方、取り組み方、考え方を
  メルマガで詳しくお話ししていきます。

  ビジネスや具体的な作業について
  丁寧に解説したテキストやマニュアルもプレゼントしていますので
  「叶えたい夢があるけどお金も時間もない!」状態ならば
  ぜひ、下の画像をクリックしてメルマガ詳細をご確認ください☆

↓↓↓



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール


姫宮かのんと申します。

激務から鬱病を発症した後、月残業150時間から何とか逃れたいとアフィリエイトを始めました。
今は大きな夢を叶えるために、専門学校に通いながらアフィリエイト活動を続けています。

このブログでは、知識も実績も自信もゼロから出発する初心者さんでも確実に稼げるようになるために、わかりやすさをモットーにあなた目線で知識と情報を配信していきます。

もう社会人だから…と諦めている夢はありませんか?
アフィリエイトで十分な資金と自由な時間を手に入れて、私のように夢を叶える一歩を踏み出しませんか?

詳しいプロフィールはこちら

ブログランキング参加中です^ ^
あなたの1クリックが
私の心の支えになってます♪

かのんが自信を持ってオススメ!!

アンリミテッドアフィリエイトNEO


稼ぐために必要な
ノウハウと手法を基礎から学べる
初心者必携の「教科書」です。
キチンと理解し正しく実践すれば
必ず稼げるようになります。

【Twitter】気軽にフォローしてくださいね☆

お世話になっている素材屋さん

Re:vre さま
Re:vre

あんずいろapricot×color さま